BANDAI HGUC1/144
Jugock


相当の時間を掛け改造やパーツの流用、シリコンによる
パーツの複製など豪勢な作業を重ねましたが・・・・・

実際ベースとなったHGUC”ジュアッグ”はキライなMS・・・・・・。

それでも仲間内で企画したジュアッグを使った
コンペ”ジュアッシック パーク”の為に完成させました。







肩の下から伸びるのはMGの”ゴック”の腕、
その先はMG”ズゴック”の腕と言うスケール股ぎの
ミキシングビルド、以前から押入れの奥で眠らせていた
パーツを引っ張り出しました。

だから名前が”ジュゴック”・・・・・です。




モノアイはかなり大きくして「三白眼」にして
目付きを悪くしました。

また口の下にぶら下げた「何処かで見たようなセンサー群」には
ハセガワの偏光フィニッシュを貼りました。






クローは親指にHG”AGE−2ノーマル”の羽の青い部分を元に、
その他4本は同商品の羽の白い部分をそれぞれ改造し
一つを作り、シリコンを使いキャストコピー・・・・・・。







頭の↓はそもそもの塗り分けが「右脳と左脳」の構造に
見えたのでスジボリ等で「ノーミソ ディティール」にしました。




とても歩けそうに無いこの機体にホバーのディティールを
追加しました、モデルとなったのは言わずと知れた「ドム・
トローペン」の足に付いている「メッサーシュミット」のエアフィルター。

それをエバグリのプラパイプや極細ハンダを
使って表現し×4個作って再現

またエアクッションの部分はパテで造形し
2個キャストコピーして使用・・・・・・。



その他又下を少し上げたり(オシリのバーニアが2個に減っています)、
股間の白いパーツの前面だけ面に張りを付けたり、胴体のメガ粒子砲を
埋めたり・・・・・。

あっ! そうそう、
アゴを引いている状態を再現したく思い
首の構造を変えました・・・・・・。



振り返ると本当に沢山の工作をしました、
お陰さまで投稿サイト”fg”にてランキング6位を
頂きました、とってもウレシイです。




以上です、観て下さって有難う御座いました。


















inserted by FC2 system